So-net無料ブログ作成

完全先読みその後 [リスニング]

いつの間にか週末も過ぎ、すでに火曜日です。
そろそろ更新しておかないと。

さて、私にとってのPart3&Part4の永遠の課題である先読みの件(8月20日の記事)なのですが、
今は練習で完全先読みで模試を解いてみたりしています。

いちおう完全先読みでPart3&4を解くことはできるのですが、
やたら疲れるということがわかりました。

その原因を考えてみました。

結局。選択肢を2回読むことになってしまうことが多い、
というのが原因のようです。

完全先読みですと、前のUnitの設問が読み上げられるうちに
次のUnitの3つの設問と選択肢を読むわけですが、
そのUnitのスクリプトが終わった段階で結局、1度読んだ選択肢を
確認しながら解いているからですね。

選択肢を先に読む完全先読みとはいっても、読むだけで、その意味を
記憶に留めるのが私にとってはまだまだ難しいので、結局、正解肢を探すために
もう一度選択肢を読むことになってしまっています。

もともと記憶することが苦手なのです(トランプの神経衰弱はカードが
裏返った瞬間にもう何のカードか忘れてしまいます)。

もう少し、完全先読みで模試のいくつかを解いてみますが、9月のTOEICは
部分先読みに戻すかもしれないです。


本日、9月のTOEICの受験票が届きました。
初めての会場です。ただ、家からはとても近く、自転車でも行ける距離です
(自転車乗り入れ禁止とありましたが)。


今日31日で8月も終わり、まだまだ暑いですが、明日から9月ですね。

downturn [英単語]

模試本からノートに抜き出した単語の復習。

downturn 物価などが下落すること、

economic downturnなどと使う。

でもこれってリスニングで出てきたら

downtownと間違えるよな、と思ったので

電子辞書で発音を比べてみた。

比べてみるとなるほど違いはわかる。でも本番で聞き分けられるかな。

などと思って復習を進めていると、

turn down が登場した。

こちらは却下する。

downturnと turn down か。

これも紛らわしい? そうでもないか。



kuwagata.jpg
夏休みの思い出のクワガタ
(避暑地の宿で朝起きたら窓にとまってた。)

「ペデストリアンデッキ」 [英単語]



「ペデストリアンデッキに直結」

というマンションの広告を見た。

検索してみたらこちらも

「ペデストリアン」=pedestrian(歩行者)

はTOEICのPart1の重要単語でTOEIC戦士なら必ず知っていると思います。

でも、普通の広告で使ってどのくらいの人がわかるのだろうかと思った。

Wikikipediaで調べたら、例えば仙台駅西口のものが国内最大なんだとか。
普通の人は「ペデストリアンデッキ」って言いますか??


せっかくなので、過去の記事から。
街中でTOEIC頻出語句を探す、特集。

"pedestrian"です。

(この特集よかったなぁ)


今日の記事はやたらリンクが多いですね。

Part5の復習 [リーディング]


昨日のプチオフ会の時からPart5を解いています。

小石先生の
「新TOEIC TEST 文法・語彙出るとこだけ!問題集」

出るとこだけ

です。

昨日のうちに、1冊終わらせようと思いましたが、
くじけました。今日の通勤の往復で最後まで終わらせて
今、復習をしています。

成績は以下の通りです。計306問です。


エクササイズ
   Part5 Part6
エクササイズ1 19/20 3/3
エクササイズ2 20/20 3/3

TEST
   Part5 Part6
TEST1 36/40 10/12
TEST2 39/40 10/12
TEST3 35/40 9/12
TEST4 39/40 10/12
TEST5 35/40 10/12


年末年始の一人合宿でこの問題集は解いてよく復習をしていたのですが、
今回解いてみると、やっぱり同じところを間違えてますね。
前回、印をつけた問題はやはり迷うか、間違えています。
結局まだものになっていない証拠です。よく復習します。

問題を解く際には、解答に迷ったものには印をつけておきます(勘ボックスと同じ発想です)。
それで復習をするときには、間違った問題と印をつけた問題を集中的にやります。
それと、自信のない選択肢の単語や文中の自信のない単語、表現もよく復習します。


ところで、複合名詞ですが。

TOEIC本や文法書で複合名詞の項目を確認すると、こんなの簡単じゃないかと思うのですが、
実際、Part5に出題されると間違えますね。答えをみると、なあんだと思うのですが、
問題を解いているときは、品詞問題だと思い、名詞の前に名詞がくることはないぞと
思って選ぶべき答えから外してしまいます。そして、過去分詞を選んだりして
自爆します。[むかっ(怒り)]

気をつけましょうネ。

プチスイーツオフ会

早朝からカフェ勉でつ。

突然ですが、超有名ブロガーの方と海の見えるカフェでカフェ勉をしてきました。

sea in front of the cafe.jpg

以前オフ会でお会いしたときはあまりお話しできなかったので、
いろいろとお話できました。

近況報告(勉強法やスコアのことなど)
ビヨンド本のこと、
千本ノック!3の問題、
とか、

(実は結構緊張してたぉ。)


そして、しばらくお話ししたあとにしっかりカフェ勉。

そう、今日のミッションはカフェ勉ですからね(←ここ重要)、

海の見えるカフェで2人でもくもくとTOEIC勉。
2人とも一生懸命Part5を解いて勉強してきました[あせあせ(飛び散る汗)]

しかも別々に(respectively independently)。

これって、変態ですか...せっかく2人で会ってるのにネ。

でも「変態と言われると、少しうれしいでつ。」


そしてカフェ勉のあと、場所を移して本来の目的のプチスイーツオフ会。

peach roll.jpg

ピーチロールケーキを食べました。

あっさりとしていて、おいしかったです。[黒ハート]
ピーチもみずみずしくてあまり甘くなくてよかったです。
表面のうっすらとかかっているお砂糖の白いパウダーもとってもやさしい感じ。

次に行くときはスイスロールケーキに挑戦するぉ。


masamasaさん 
 突然のお願いでしたがお付き合いいただきありがとうございました。
 ついに念願がかないました。

masamasaファンの皆様
 独り占めしてごめんなさい。

帰りの電車の中でも1時間Part5解いてきたぉ。



ひさしぶりの家にいる土曜日


「新TOEIC TEST 総合対策 特急」

3回チャレンジ法の3回目(リスニング)をやりました。
(3回目は、2回目の十分な復習のあと、本番と同じように解きます。)

結果は、

99/100  おしいっ。

この本のリスニング部はとりあえずこれで完了とします。
9月の本番前にもう一度、復習をやる予定。



cosmos.jpg



簡易先読み v 完全先読み [リスニング]

「総合模試 特急」でTOEICの実践間隔を取り戻しています。

実は今、あることを実験中です。

それはリスニング部のPart3とPart4の先読みの仕方を変える試みです。

TOEICのテクニック本にはPart3とPart4では設問(および選択肢)の先読みが
大事であると言っています(一部に先読みには弊害もあるので各人が自分に
あった方法で問題を解くことと述べられた本もあります)。

私は最近まで簡易先読み(主に設問のみを先読み)する方法でここ1年間解いて
きました。それを完全先読みに移行するか、という試みをしています。

そのきっかけは、簡易先読みでは次の問題までに時間が余ってしまうようになったことと、
「総合模試 特急」で先読みに何秒かかるか計測しましょう、という記述があったことです
(正解ルール21)。

さっそく、本の指示に従って、完全先読み(設問も選択肢も全部先に読む)にかかる時間も
計測してみたところ25-30秒でした。
前の設問と次の設問のスクリプトが読み上げられる間は約40秒なので、完全先読みする
時間的な余裕が確保できそうだという目途がつきました。

ただし、簡易先読みと完全先読みの違いは単に選択肢まで読むというだけではなく、
設問と設問の間の時間の使い方が完全に異なるので、練習が必要です。

つまり、簡易先読みでは設問と設問との間の40秒を、

・3つの設問を解答する(20秒)
 +
・次の設問を簡易先読みする(20秒)

と使うのに対して、完全先読みでは

・スクリプトを聴きながらおよび設問間の最初の10秒で設問に解答する
 +
・次の設問を完全先読みする(30秒)

と使うことになります。

<追記>

これを図で表すと以下のようになります。

sakiyomi.jpg

スクリプトを聴きながら解ける問題は解いてしまうという作業をおこなうことになり、
そのマルチタスクに耐えられるかという確認が必要になります。

<追記終わり>

実は2つ前の記事で取り上げた3回チャレンジ法の1回目は簡易先読みで、2回目は完全先読み
で解いています。2回目の完全先読みでも正答数に大きな崩れはなく、リズム良く解けたので、
もしかしたら完全先読みもいけるかもしれません。

しばらくは完全先読みでいくつかの模試のPart3とPart4を解いてみたいと思います。
本番までにこの解き方に慣れたら、9月のTOEICでは完全先読みでチャレンジしようと思います。


朝顔日記2010年8月


asagao_201008.jpg

今年の猛暑で一時はだいぶ元気がなくなっていましたが、
一生懸命、水をあげてなんとか咲いてくれています。

同じ色の花が3つ同時に並んで咲きました。

「総合対策 特急」 [TOEIC]

お盆休みは仕事もしっかり休んで出かけていました。
持って行った英語のテキストはなるべく荷物を少なくするという意味で以下の2冊だけ。

「リスニングBOX」

「新TOEIC TEST 総合対策 特急」

今日は「総合対策 特急」の話です。
刊行されたのは確か今年の4月ですが、模試を解かずに温存していました。

今回、3回チャンレンジ法の2回目まで+しっかり復習までやりました。
1回目と2回目の結果は以下の通りでした。2回目でもまだ全問正解はできていません。



1回目(本番通り)

Part1 9/10
Part2 29/30
Part3 25/29[もうやだ~(悲しい顔)]
Part4 29/30
Part5 39/40[わーい(嬉しい顔)]おしいっ!
Part6 12/12
Part7 44/48
-------------
換算 約930


2回目(時間無制限、聞き返し、読み返しあり)
Part1 10/10
Part2 28/30[もうやだ~(悲しい顔)]
Part3 27/29
Part4 30/30[わーい(嬉しい顔)]
Part5 40/40[わーい(嬉しい顔)]
Part6 12/12
Part7 47/48

(Part3は選択肢に誤植がありいずれもNo.55は問題数にカウントしない)


2回目の解答後の復習は3日かけて一通りしっかりやりました。
そして問題に出てくるすべての単語と表現を復習しました。

この問題集は解説の語注がとってもいいです。
単語の意味だけではなく、その同義語・類義語も併せて載っているので、語彙増強に
持ってこいです。単語のネットワークが広がります。
いかにも森鉄先生の本らしいです。

実はPart3とPart4の先読みの仕方を1回目と2回目で変えてみています。これはまた別記事で。


dinosaur [New York]

dinosaur.jpg

Manhattanの79丁目にあるアメリカ自然史博物館
The American Museum of Natural Historyの入り口にある巨大な恐竜の骨格標本です。

バロサウルスBarosaurusという恐竜なのだそうですが、こんなのが地球上にいたのですね。
こんなのに睨まれたらどうしよう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。