So-net無料ブログ作成

イタリアンロール(清月) [スイーツ]

今日は10月のTOEICですね。

受験された皆さま、お疲れ様でした。
(と、これを書いているのは13:55なので、今Part5ですが)


受験した後のご褒美はいつもロールケーキです。

今日、私は受験していないのですが、

Italian roll.jpg

清月のイタリアンロール(プレーン)です。


微妙な塩加減が絶妙(だと思う)。

本店は山梨県なのですね。
なぜ「イタリア」なのかはHPからはわかりません。
三越の一部支店で販売されています。


朝顔日記8(事後報告)


今日はとっても寒かったです。

もう朝顔は咲きませんよね、さすがに。

毎日、家を出かけるときに携帯電話で朝顔の写真を撮っていました。

今年最後に咲いた朝顔です。10月22日でした。

20101022_asagao.jpg

こんシーズンも毎朝楽しませてもらいました。

どうもありがとう。

help [英単語]


今日の復習は動詞helpが主役でした。

helpを復習しようと思ったのは以下の2つの文章でした(実際のものと少し変えてます)。

Could you help me understand why you quit the job?

help +人称代名詞+動詞の用法です。


これは楽勝、楽勝、と思っていたら、同じUnitに次の文章が。

We need to help the company reach its target.

helpの後が人称代名詞ではなくて一般名詞the companyになっている!

ぎょっとしたのですが、よく考えると最初の文章と同じ用法なのですね。

必ずしもhelpの後が人称代名詞であるとは限らないということを確認できました。


今日も一歩全身前進。


"JUSTICE" [リーディング]

10月と11月のTOEICは受験しないことにしているので、いろいろな英語に触れようと思います。

最近のマイブームはこれです。

Justice_original.jpg

「これからの「正義」の話をしよう」

とその原書である

"Justice: What's the Right Thing to Do"

です。

邦訳はすでに1回読んでいますが、さらに内容をよく理解したくて今、2回目を読んでいるところです。そして邦訳の2回目を読みながらそれに対応する部分の原書も読んでいます。

内容はすでにだいたい頭に入っているので原書も割と理解しやすいです。

原書を読もうと思った最初のきっかけはAmazonで原書の中身をちらっと見てみたのですが、これが意外と読みやすいということに気づいたからです。

何度か挫折している"Harry Potter"シリーズよりも読みやすいのではないかと思いました。
"Harry Potter"はストーリーを楽しめますが、"JUSTICE"では論理を追っていく楽しみがあります。

もちろん抽象的な説明の部分は日本語で読んでも理解して読み進めるのに苦労する部分があるくらいですから原書で読むの場合はなおさらですが、事例を挙げながら説明していく部分は読みやすいと思います。

"Harry Potter"シリーズは動作を表す単語で苦労しましたが、"JUSTICE"では知らない単語は名詞のことが多いようです。

読破するにはだいぶ時間がかかりそうですが、論理展開を楽しみながら読もうと思います。





舌が回りません [リスニング]


今日もいつものように(カフェで)、「入門ビジネス英語ベストプラクティス1」のシャドーイングをした。

以下の文章またはフレーズがどうしてもうまく言えないので
何回も繰り返した。

I needed the data. (Unit19)

in order to do the logistical data (Unit20)

とくに青字の部分で舌が回りません。
同じ発音が繰り返されるとうまくいかないようだ。
練習が必要ですね(皆さんもごいっしょに)。



その後お出かけして、パスタを食べてきた。

おいしくて満足です。

pasta.jpg
(今日はスイーツネタではないのですね。)

再生回数を調べてみた [リスニング]

「入門ビジネス英語ベストプラクティス1」
(2008年NHK入門ビジネス英語)

を毎日繰り返しシャドーイング(リスニング)をしていますが、
何回シャドーイングしているか(リスニングしているか)は
iPodの再生回数で確認することができます。

全50ユニットの再生回数を調べてみました。Top10とWorst5です。

Unit 再生回数
 42  596 (←ちょっと多すぎ?[眠い(睡眠)]かも)
 24  291
 37  177
 04  147
 29  146
 11  139
 39  131
 34  123
 15  121
 25  113

  ....

 36  52
 43  47
 40  39
 01  38
 07  37

Unit42の596回はちょっと多すぎる気がするので、
リピート再生したままお昼寝したかもしれません。

でも大体100回以上は繰り返し聴いているかシャドーイングしていることが
わかりました。もっとも少ないUnit07でも37回再生してます。


皆さんは何回リピートしてますか?

ヘッポン


毎日シャドーイングをしていますが、
最初はテキストを見ないで内容が正確に聞き取れるか、
テキストを見ないでリスニングをします。

今日の学習部分ではどうしても

「ヘッポン the project」

と聞き取れる部分があって、その部分を繰り返し聴きましたが、
どうしても「ヘッポン」なのですよ。

で、ついに降参してテキストを確認したら

"help on the project"

でした。(「入門ビジネス英語ベストプラクティス1」Unit15)

なんで"help on"が「ヘッポン」になるのか?

と思ったのですが、"help on"を繰り返し音読していたら、
いつのまにか「ヘッポン」になってきたような気がする。

今日の空耳アワーでした。

いつもこんなことの連続なので連載化しようかな。


今日は学習メモ形式で


日課の入門ビジネス英語(2008)の学習を今日はメモ形式で。

最近はこんな感じで学習しています。
単にシャドーイングするだけでなく、音読してさらにスキットを
詳細に検討すると本当に多くの気づきがあります。

Unit13,14(4周目)


Thank you for sharing your opinion with me.

昨日の記事で書いた翌日、いきなりshareに遭遇しておどろいた。
shareを英英辞典で調べて確認する。


meet the client's needs
fit your needs

言い換えた表現がでてきた。meetとfitの言い換えはTOEICでも出そう。


rely on = depend on = count on


a lot less expensive ずっと安価
自分ならvery cheapって言うだろうなぁ。この表現の感覚はおもしろい。


a.  reliable
n.  reliability


we are very interested to learnあれっ? be interested in learningじゃないんだ。to learnもあり?

(番外)Unit 12
we want the project to proceed
wantの後に人称代名詞ではなく普通の名詞が来る用法で驚く(別に驚くことはないんだけれど)。
以下の表現をみんなうまく使えるようにならないと。
we want to
we want you to
we want the project to proceed

complimentary beverage [英単語]

次にTOEICを受ける予定の1月まであと3ケ月あります。
それまではTOEICに特化する勉強はせずいろいろな英語に
触れたいと思います。

でもTOEICに特化しないとは言ってもTOEICの勉強をしないという
ことではありません。ある程度はTOEICの学習もしておかないと、受験前に
勘を取り戻すのが大変ですからね。

リスニングの部分はNHKのCDブックの復習をやることにしていますが、
リーディングの部分は何の学習を続けようか迷っていましたが、年内は
Part5対策の学習を続けることにしました。9月のTOEICのAMで文法、語彙で
失点していたのがヒントです。

というわけで昨日はイクフン本(青)のまだやっていなかった後半の語彙
部分の形容詞を学習してました。

outstandingには卓越したという意味の他に、未決済のという意味があったなぁ、
と確認できたのが成果です。

で、昨日もスタバでイクフン本をやっていたわけですが、スタバのレシートをみると
指定のWEBに接続して来店時の感想を入力して引き換え番号を記入して提出
すると、次の来店時に1杯無料になるとあります。

complimentary beverage.jpg

レシートをよく見るとアンケート依頼の日本語の文章の下には以下の英文がありました。

Please share your comments and enjoy a complimentary beverage.

"complimentary beverage"ってTOEIC頻出!でつ[黒ハート]

"share"の使い方もマスターしたいです。

次の来店時に1杯無料ということよりも、TOEIC頻出表現を見つけたことを
よろこんでいるのはTOEICブロガーの性ですね。

I like them to 

今日の学習は
「入門ビジネス英語ベストプラクティス1」の4周目のUnit11と12の復習です。

4周目ではスキットの表現をじっくり味わって1文づつ復習しています。
4周目で気づいたこととしては、スキットがビジネス現場で使われる表現
が多いせいでしょうか、人にものを依頼したり、自分たちの希望を表明する表現が多い
ように思います。

I would like you to
I like them to
We want you to

などです。文章をよく確認しながらシャドーイングをしているとこれらの表現が苦手である
ということに気がつきました。動詞likeやwantの後に人称代名詞がはさまるという表現に
慣れていないのが原因のようです。

人称代名詞がない以下の表現、

I would like to
I like to
We want to

だと、すらすらと言えるのですが。動詞のあとに人称代名詞が聞こえた時点で[exclamation&question]
一瞬、身構えてしまいます。
なので、4周目では、上のような依頼の表現が出てきたときにはしつこく繰り返してなめらかに
言えるように練習しています。


ハー、今週も無事乗り切りました!!

TGIF !! (わからない人は調べてください)


この記事でブログ開設400記事目ですーー。 [手(パー)]

(英語ネタになってよかった。)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。