So-net無料ブログ作成
検索選択

いつもの日曜日

162回TOEIC受験御苦労さまでした。

私は今日は受験しなかったのでいつもの通り2か所でCafe勉をしていました。

今日のTOEICテストはPart7が難しかったようですね。

Part2もひねりが加わっていたようです。

私は6月のTOEICに向けて調整中です。


<今日の学習>
超リアル模試TEST2の3回目 96/100[たらーっ(汗)](3回目なのに)
イクフン本(青)Unit8-10 

イギリス発音が苦手だ [リスニング]



超リアル模試TEST2のリスニングパートの2回目を解いた後の
Part3とPart4の復習をしています。

会話をよく聞いて、完璧に聞き取れるか[耳]どうかを確認しています。

うまく聞き取れないところに水色でアンダーラインを引いたりして
スクリプトをチェックしています。

そしてあることに気がついた。

アンダーラインを引いてあるところはだいたい、イギリス人または
オーストラリア人が話しているということ。

2年ほど前まではイギリス発音、オーストラリア発音に苦労していたけれど
最近は苦手意識もなくなってきたと思っていました。それでもまだまだ
聞き取れない音があることが確認できました。

設問の正解とは関係ない部分が聞き取れなくても失点にはなりませんが、
まさに設問に絡む部分で聞き取れないと間違ってます。

そしてもう1点。

音を完全に追えるというだけでなく、その意味するところがストンと
理解できていないと間違えてしまう設問があったりして、あー、いい問題
だなと思ってしまいます。まんまと花田先生のワナにはまってしまう。

具体的に指摘してしまうとネタばれになってしまうので、このへんで。


超リアル模試TEST2リスニングパート2回目 [リスニング]

5月のTOEICは受験しないので、新しい模試本を解いてます。


超リアル模試TEST2リスニングパート2回目
(3回チャレンジ法の2回目なので気のすむまでリスニングして解答する)

で結果は

Part1 10/10
Part2 27/30
Part3 28/30
Part4 28/30

合計 93/100

Part1とPart2は往復の通勤電車の中で、Part3とPart4は家に帰ってきてからやりました。

もう完璧で100/100だーっというつもりで解答しているのですけれどね。
Part2で3問も間違えますた。


復習が楽しみでつ。

超リアル模試TEST2 [リスニング]

「超リアル模試」TEST2リスニングパートの1回目を解いた。

Part1 10/10
Part2 28/30
Part3 24/30 [たらーっ(汗)]
Part4 27/30

換算点 490

ずいぶん間違えた。




(追記)

天気がよかったので自転車でおでかけ、そしてスタバでカフェ勉。

20110522_starbucks.jpg
(トールコーヒジェリーフラペチーノ)

イクフン本(青)をやってきました。
Unit3-6

帰り道、土砂降りになってしまい、屋根のある駐車場で雨宿り。
1Unit分解いて通り雨をやり過ごしてきました。

6月のTOEICまであと約35日。




天気のいい土曜日 [リスニング]

やっと週末!!

ここ2日ほどは超リアル模試TEST1リスニングパートの復習をしていました。

そしてTEST1リスニングパートの3回目を解く。

Part1 10/10
Part2 30/30
Part3 29/30
Part4 30/30

Part3で1問間違えたけれど、Part4の最後まで解くリズムを崩さずにいられるかどうかがポイント。
それはうまくいった。

今後は、スクリプトを利用して細かいところまで聞き取れるかどうかを確認する。
さらに音読やシャドーイングを繰り返すことにします。

20110520_hanzomon.jpg

天気が良かったので、お出かけして今日、2回目のカフェ勉。
イクフン本(青)のUnit1とUnit2を解いた。
各Unit最初にある出題のポイントをよく復習する。
1月の時点ではいったんはマスターしたつもりだけれど
4ケ月たっているので、ボロボロと知識があやふやになっていることがわかった。
6月のTOEICまでには2周したい。

20110520_starbucks.jpg
 アイストールラテウィズホイップクリーム


先読みがいつもは成功しないという前提 [リスニング]

ここ2日ほどは「超リアル模試」のTEST1リスニング部の復習をしています。

主にPart3とPart4の会話を繰り返し聞いてスクリプトの確認、音読とシャドーイングを
している。うまく聞き取れなかったところとなじみのない表現などにマーキングを
しています。(実は後者は少ないんですけれど。)

文字を見るとなあんだ、と思う部分でもうまく聞き取れていない部分があります。
その部分が解答にからんでいる場合には間違えます。


ところで、Part3とPart4では会話が20セットあります。

私は各セットの3つの設問のみ先読みする部分先読み派です。
1年ほど前に先読みと先読みなしとで解いてみて自分には先読みが向いているという結論に
達し、その後は部分先読みで解いています。

「超リアル模試」のTEST1を1回目に解いたときは私は5セットほど先読みに失敗しました。
1月のTOEICでも2セット先読みに失敗しています。


そのときに、あー、もう駄目だ[がく~(落胆した顔)]と思わないことが大事だと思います。
たとえ先読みがうまくいかなかったとしても、3問中の2問は正解できる[パンチ]
信じて会話の聞き取りに集中することです[耳]

設問を先に読めなかったとしても3つの質問のうち2つの質問は全体を問う
質問やお決まりの質問であることが多いです。

例えば、

Where is this coversasion taking place?

What are the speakers discussing about?

Who most likely is the man?

What will the woman most likely do next?

のような質問が先に読めなかったとしてもしっかり会話を聞いていれば解答できる
のではないかと思うのです。また、そうできるリスニング力をつけておきたい。

もうひとつ。

先読みは必ず失敗するという前提でテストに臨んだほうがいいと思います。
そして失敗しても(先読みなしでも)3問中2問は正解できるように、たとえ先読み派だとしても
先読みなしで解答する練習をしてみてはどうでしょうか。
そうすれば本番のテストで先読みができなくて動揺することもなくなると思います。

まるごと200本! [スイーツ]


ロールバカです。


ロールケーキ馬鹿です。


ロールケーキ馬鹿のつんつるてんでつ。

(って、誰かに言われたお)


marugoto role-cake.jpg


仕事帰りにコンビニに寄ったら雑誌の棚に写真の本が!!![黒ハート]

中身をよく確認もせず速攻でレジへ[ダッシュ(走り出すさま)]

こんな本が出たんですね。

ロールケーキが200本一気に紹介されています。

(ロールケーキって1本、2本って数えるんだ、やっぱり。)

このブログで紹介したロールケーキもちゃんと掲載されていました。

本を眺めていると心が騒ぎますね。

最近、ロールケーキしてません。



そろそろ復活しますか。


(今日の学習)
「超リアル模試」TEST1の復習

NHKテキスト6月号


この週末に本屋でNHKの6月号のテキストを買いました。

「入門ビジネス英語」の6月号なんですが、

みなさんの6月号のNHKのテキストはこれまでと紙質が違いませんか。

なんか、いつものザラザラとした紙質と違って、白くて少しツルツル

していませす。

それにいつもより硬くて重い気がします。

なんかNHKのテキストらしくないなあ。

これって3月の大震災の影響なのでしょうか(紙工場が止まっているとか)。

超リアル模試TEST1 2回目


1日おいて超リアル模試のTEST1の2回目を解いた(3回チャレンジ法の2回目)。

1回目は91問正解だったけれど、2回目は94問正解。

何回も繰り返し聞いて解いたけれどこんなもんですか。

Part1 9/10
Part2 30/30
Part3 26/30 反省[もうやだ~(悲しい顔)]
Part4 29/30


Part1で1問間違えてます。
なんど聞いても聞き取れませんでした。
解説をみたら正答率が21%の問題だそうです。
ちょっと難しいんじゃない?
本番でこの問題がでたら議論百出ですね。

こんな感じの写真でした。

bed.jpg


しっかり復習します。

TEST1を解いたのでこれで花田先生の講義の付録が聞ける!



「超リアル模試」 [リスニング]


ついに
「TOEICテスト超リアル模試600問」
を解きました。

TEST1の1回目リスニングパートです。

少し出遅れ感がありますが次にTOEICを受験するのは6月なので、それまでに3回分をしっかり
解いて復習もしようと思います。

模試を解くのは久しぶりなので緊張しました。

Part3とPart4では先読みに失敗すること約5回(私の場合は部分先読み)、
それでもなんとか会話を聞くのに集中しました。

答え合わせをしたらボロボロと間違えていて、アーっ駄目か[ふらふら]、と思ったのですが
換算点を解答冊子の表から計算したら495点?!でした。

いいんですか、この点で。

結果は、

Part1 9/10
Part2 30/30
Part3 26/30
Part4 26/30

Part2は全問正解しているのですが、勘マークをつけた問題が8問もありました。
運よく正解していますが、これらはよく聞きなおして復習しないといけない。

解説を読まずに近日中に3回チャレンジ法での第2回目を解くことにします。
付録の花田先生の解答解説を聞くのも楽しみです。


模試はどこかで聞いたことあるようなデジャブをたくさん体感しました。まさに「超リアル」だと
思うわけですが、超リアルでないところを1つ発見。

解答用紙のマークの形がリアルでないっ!
マーク箇所がお団子みたいです。本当はもう少し縦長なんですけど。

公式問題集の解答用紙をコピーして使えばいいことなのでたいしたことではないんですけれど。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。