So-net無料ブログ作成

7月最終日


20110731.jpg

今朝の朝顔。

三輪咲きました。

調子いいです。




7月も最終日。

朝カフェ勉に行ってお茶しながらシャドーイングをしてきました。

「入門ビジネス英語ベストプラクティス2」

Unit71と72です。

スキットに以下の表現がでてきます(Unit72)。

"Nobody's feathers get ruffled."

(だれも憤慨することはない)

ruffleは鳥がおびえて羽をたてることから転じて

ruffle one's feathers

で人を動揺させる、という説明がされています。

こういう気の利いた表現はTOEICには表現はでてきませんね。

この表現を一生懸命覚える時間があったら、TOEICに頻出の表現を先に覚えたほうが

TOEICで点数を上げるという観点からみると速攻性のある学習ということになるのでしょう。

また自分がこの表現を実際の仕事の場面で使うことも想像しにくいです。

ただこういう面白い表現をするのだなと感心して知識を広げていくことも英語を学習する

楽しみの一つだと思います。

地味に繰り返し(7月29日分の日記)


(日記は毎日、その日のうちに書きましょうね。)

今週は地味にNHKの「入門ビジネス英語ベストプラクティス2」

をやった。

まだUnit69と70をやっています。

もう1週間以上やっていてほとんど暗記してきてしまいましたが、

まだ気持ちを込めて言えるようになりません。

口は動くのですが、心がはいっていないなあ。



明日は待ちに待った週末、でも雨[雨]ですか。

おまけ
20110729_roll-cake.jpg




偶然の (7月28日分の日記)


朝の通勤時の電車で隣に座っていた男性が

イクフン本(ピンク)をやっていた。

自分のカバンにイクフン本(ピンク)が入っていなかったのが残念。

奇遇ですね!!って、、、


ひさしぶりの朝カフェ勉 (7月27日分の日記)


最近は世の中で言う節電対策という名目で早く職場に出社しています。

今まで朝カフェ勉をしていた時間分だけ早く職場に入っているので

朝カフェ勉ができません。

今朝はさらに1時間早く家を出て、1時間朝カフェ勉をしてきました。

それでわかったのですが、私の言っているカフェは朝7時半がピークだという

ことがわかりました。8時になるとすでに空いてきます。

皆さん早起きですね(自分もだけど)。

1/3位の人は何らかの勉強をしています。

そんな世界があることを知らない人は朝カフェ勉を一度してみましょう!

朝顔日記2(7月26日分の日記)

20110726.jpg

今年2回目の朝顔日記です。

実はあんまり咲かないので記事にできなかったのですが、

今朝は五輪同時に咲きました。

写真に撮ってみましたが五輪写らなかった。

受験お疲れ様でした(7月25日分の日記)


TOEIC受験、お疲れ様でした。

7月のTOEICは受験しませんでした。

次の受験は9月の予定です(今年最後かも)。

今回のテストは難しかったみたいですね。

ブログを巡回してみると特にPart1とPart7が難しかったようです。

そういう記事をみていると、あー受験したかったと思うわけです。

ただ毎回受験するとそのためのTOEIC勉ばかりすることになってしまいそうなので、

あえて受験回数を制限してTOEIC勉以外の英語の学習も適度にできるように

しています。

でも点数を上げようと思ったらTOEIC勉をした方がいいのでしょうか。

でも「900点を超えたらTOEIC以外の学習もしましょう」、というアドバイスも

あるしなあ、などと思いながら2011年後半の英語の学習プランをどうしようかと

考えているところです。

そして当日 (7月24日分の日記)

7月のTOEIC当日

そして

アナログ停波の日でもあります。

そしてお昼すぎにこんな画面になりました。

終了しました.jpg

テレビのない生活が楽しみです。


TOEIC御苦労さまでした。

あと1日

あと1日。

と言っても、TOEICではありません。


アナログ放送停波まであと1日。

まだアナログ放送を見ていますけれど、それが何か、、

あと1日でテレビがなくなる生活になるのかと思うと楽しみです。

アナログ放送.jpg
記念に画面を撮っておきました。


it が聞き取れない [リスニング]


TOEIC受験前ではない(7月は受けません)ので地味に英語の学習を続けています。

教材はこれ。

「入門ビジネス英語ベストプラクティス2」です。

今週はUnit69とUnit70をやっています。

Unit69では"it"が何か所が登場するのですが、いずれもよく聞き取れません。

"it"は「イット」だと思っているといつまでたっても聞き取れません。

聞き取れない箇所は以下の3つです。


(その1)

and develop it here

itの"i"はdevelopの "p" と、it の "t" はhereの "h" とかぶって

ディヴェロピッティア

みたいに聞こえます。itは一見あとかたもなく前後の単語に埋もれてしまいます。

(その2)

we could simply tweak it till it fits. (tweak 微調整する)

(適合するまで単に微調整する)

tweakの後をリピートするのが難しいです。

トゥウィーキッティリッッフィッツ

って聞こえます。最初に聞いたときは何を言っているのだかまったくわかりませんでした。


(その3)

I wish it were that simple.
(そんなに簡単だったらいいんだけど。)
すぐにも使えそうな表現(仮定法)ですね。

この表現の it はほとんど聞こえませんでした。
そしてその後の were も are のように聞こえます。
そしてwishの後は人称代名詞がくるものと勝手に思っていました。

I wish I were a bird. が思いつきます。

なのでwithの後がまさか it だとは思いもよりません。
なので、仮定法であることもすぐにはわかりませんでした。


以上3つを中心にしつこくリピートしています。

すこしづつ言えるようになってきました。




同僚が目標達成 [TOEIC]


昨日、6月のTOEICネット発表の直後の午後一、

職場の同僚からメールが来た。

「目標達成ーー!!」

とのうれしい知らせでした。


前からいろいろとTOEICの勉強の近況などの情報交換をしたりしてきました。

同僚が目標を達成できてとてもうれしいです。

今度、お祝い会やろうね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。