So-net無料ブログ作成

朝カフェハリポタ [リーディング]


待ちに待った週末。天気も悪いので朝カフェハリポタ(?)してきました。

重いハリポタの第5巻をカフェに持ち込んで1時間ほど読書してきました。

ハリポタシリーズは全7巻で今、第5巻の150ページくらいを読んでいますが、

まだまだ先が長いですね。

pages_harry-potter.jpg

各巻のページ数をグラフにしてみましたが序々にページ数が増えていきます。

第5巻が最大の関門でしょうか。読み切れるのか。

全7巻を読み終わると総word数はちょうど100万語を超えるようなので、

多読のひとつの目安とされている100万語の目標も同時に達成できるので

どんな変化が訪れるか楽しみです。

次の受験は5月くらい


いつまでもハリポタばかり読んでいるわけではありません。

3月のTOEICは受験しませんが、5月か6月のTOEICは受験する予定です。

いま、ハリポタを読んでいるのは英語学習の一環というよりは

純粋に趣味で読んでいるわけですが、それが英語力の強化に

少しでも貢献しているのかどうか。

今の状態でTOEICを受験したら何点くらいとれるのか非常に興味が

あるところです。

次に受験する前にはしっかりTOEIC勉をしてテストに備えるつもりです。

おそらくGW明けくらいでしょうか。

ハリポタ第5巻 [リーディング]


Harry Potter_5.jpg

"HARRY POTTER and the Order of the Phoenix"

を読み始めました。通算第5巻です。

第4巻が1088ページだったけど、第5巻はさらに増えて1520ページ。

手元にあるLONGMANの辞書がほぼ同じ厚さで2000ページだから、

ほぼ辞書をめくるような感覚です。

最後までたどりつくだろうか。

でも楽しみ。


ハリポタ第4巻読了 [リーディング]


週間ハリポタ読書日記化しています。

この週末も寒かったので家にこもってハリポタ三昧でした。

週末でいっきに300ページ読み進み、第4巻も読み終わりました。

1088ページは長かったです。

macha-role_harry potter.jpg

後半は登場人物も増え、前半に登場した人物であることを忘れており、

同一人物であることを認識して始めて納得したりしました。

第5巻はさらにページ数が増え1500ページ超なので楽しみです(汗)。

loads of [英単語]


loads of money
(=lots of money)

a load of papers
(=a lot of papers)

なんですね。「積荷」じゃないんですね。

辞書で調べたらどうもイギリス英語らしい。


週末はどこにも出かけずにハリポタ三昧でした。

"HARRY POTTER and the Goblet of Fire"

は現在720ページ(全1088ページ)まで読み進みました。


beckonとreckon [英単語]

beckonとreckon

両方ともハリポタによく出てくる単語です。

似ているなあと思って並べてみただけです。意味は全然違います。

beckonは(手のひらを上に向けて)手招きする

reckonは思う、想像する

というような意味です。

beckonを辞書で調べてみたら

beckon:to make a signal to someone with your hand, to show that you want them to come towards you or to follow you

でした。


ハリポタ第4巻 [リーディング]

Harry potter_4.jpg

一週前からハリポタの第4巻

"HARRY POTTER and the Goblet of Fire"(Large Print Edition)

を読んでいます。

第4巻はついに1000ページを超えて1088ページあります。

現在440ページまで読み進みました。

第1巻だったらちょうど読み終わったところですが、まだ半分未満。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。