So-net無料ブログ作成
検索選択

あと200ページ


すでにGWに突入していますが、ハリポタ第7巻(最終章)を読んでいます。

ホグワーツ魔法学校での最終決戦が繰り広げられています。

この3連休中に読み終わる予定です。

各巻のページ数の棒グラフに今の場所を★印でプロットすると

下のグラフのようになります。

20120430_pages_harry-potter.jpg

あと200ページで読み終わってしまうのが残念な気もします。

100万words !


待ちに待った週末です。

これでまたハリポタが思う存分読めるぞ。

現在、原書第7巻の765ページを読んでいるところです。

ところでハリポタの原書全7巻を読むと100万語を超えるということを

知りました。そこで詳細なword数をネットで調べてみました。

このサイトの情報によると、各巻のword数は以下のようになるようです。

The number of the word in each HP.jpg

4巻以降のword数が第3巻までに比べると圧倒的に多いですね。

そして合計で109万wordです。

ところで、いま第7巻の765ページなので、第7巻を比例計算して

これまで読んだword数を計算してみると、

1,001,310 words ( >1M words !!)  

ということで本日の朝カフェハリポタで100万wordを超えていたようです。

パチパチパチ。

全巻制覇に向けてあと600ページです。

watery [英単語]


her watery eye

という表現がありました。

辞書をひかなくても文脈でわかりました。

涙ぐんで、ですね。

逆に、涙ぐんでを英訳しろと言われてもこの表現を知らないと訳せないですね。

場面によっては「うるんだ瞳で」と訳した方がいいかもしれない。

辞書では

watery: full of water or relating water

とのみ説明されていましあ。

上の表現はハリポタ第4巻に出てきたのですが、今日読んだ第7巻では

watery smileというのが出てきました。

これは応用問題で難しいですね。

場面から状況は推察できますが説明に窮します。

辞書によれば、very weak or paleとありました。

弱々しく見える状況を表していることがわかります。

She gave him a watery smile.

という例文も見つけました。

ハリポタ第7巻その3


唐突に登場人物が変わり、それまでとのつながりのない会話が始まる。

場面が思い描けず、???の状態が続く。

それでもなんとか頑張って読むこと数ページ。

うなされている主人公を起こす場面。

「今のは夢だったのか」

という展開がときどきあります。

英文だとなおさら、こういうのとっても苦労します。

ハリポタ第7章その2


週末の2日で485/1358ページまで読み進んだ。

いいペースです。

登場人物がさらに増えて大変です。

First nameで呼ばれていた登場人物がfamily nameで呼ばれて、てっきり違う人物だと思ったら

同一人物だったということもありました。登場人物をフルネームで覚えておかないといけないですね。

ハリポタ第7巻


Harry Potter7.jpg


ハリポタ第7巻

"HARRY POTTER and the Deathly Hallows"

を昨日の土曜日から読み始めました。

いよいよ最終章で物語が完結します。

GWまであと2週間で読み終えたい。

Large Print Edition(大文字版)なので1358ページも

あるので1日100ページペースで読めるかな。



ところでこの第7巻のLarge Print Editionなのですが、

書体が第6巻までの(おそらく)Times書体ではなくて、

なぜか太ゴシック体なのです。

それで行数もこれまでの29行から27行に変わっています。

数字だけだと大したことないよう思えますが、印象がまったく違っていてなんだか読みにくいです。

なんで第7巻だけフォーマットが変わったのでしょうか。

Harry Potter第6巻 読み終わった


Harry Potterシリーズの第6巻(原書)

"HARRY POTTER and the Half-Blood Prince"

を昨日読み終わりました。

もっと早く読み終わると思ったけれどいろいろとあって約4週間かかってしまった。

最後に○○が□□を殺してしまうという衝撃的なシーンありました。

最終章の第7巻を読むのが楽しみです(映画で見たので知ってるけど)。

GW前までに読み終わらせて、TOEIC勉を復活させたい。

Cafe_harry6.jpg


HARRY POTTER 電子書籍発売


"HARRY POTTER"シリーズの原書をLarge Print Editionで
読んでいます。通常版だと文字が小さいので霞んで目が疲れるためです。

家で読んでいるときはいいのですが、通勤時に持ち出そうとすると
大変重いので、以前から電子書籍版がないのかと思っていましたが、
これまではなかったのですね。
ところが3月27日についに電子書籍版が発売されました。

今回の発売で変わっているのは”POTTERMORE"というサイトでの独占販売なのだそうです。
Amazonなどで購入しようとしても結局、このサイトから発売されているものに誘導
されるのだそうです。これは版権を持つ著者にとって画期的なシステムなのだそうだ。

第1巻から第7巻までをセットで購入しても約5000円ほどです。
次に読むときは電子書籍かもしれません。



2012お花見

20120408_sakura.jpg

今年もお花見に行ってきました。

お弁当を食べた後、1時間くらい芝生の上でお昼寝してきました。
ぽかぽかとして気持ちよかった。



(近況報告)

ハリポタ第6巻(原書)は現在826ページ(全998ページ)まで読み進みました。
少しペースは落ちています。
GWまでには第7巻の最後まで読み終わりたい。そして100万word達成も。
そしてTOEIC勉を復活させます。

春休みをとって旅に出ていました。
少しブログネタも仕入れたので少しづつ記事にします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。