So-net無料ブログ作成
検索選択

TOEIC SW音読問題 [TOEIC SW]


TOEIC SWテストの音読問題(No.1,2)の対策としてTOEIC Part4の音読がいいのでは
ないかと考え、実際にTOEIC SWを受けていることを想像してPart4のスクリプトを音
読してみました。
やってみてPart4ほど速く読みあげる必要はないのではないかと感じました。
Part4のスピードはかなり速いです。

実際のテストでは音読のために45秒間の持ち時間があり、公式ガイドで練習問題とし
て収録されている課題は約50-60wordsです(例題として挙げられているのが約100words
で約2倍の長さになっているけれど、どちらが正しいのか?ちなみにTOEIC SWでも
サンプル問題を体験することができます)。
仮に50-60wordsが正しいとしたらPart4のようなスピードで音読する必要ないですね
(100wordsとしても時間内に収まりそうです)。
Part4のようなスピードで音読したら、実際にテストで要求されている大きな声で話
すこと、わかりやすい発音であること、自然なイントネーション、アクセントである
ことの自信が持てません。

もっとゆっくり音読することにしよう!

ということで最近やっていたTOEICの新公式問題集Vo.5のPart4のスクリプトを注意深
く聞き、より英語らしく音読できるようにするためには何が必要かを改めて注意したいと思います。


多分この問題はクリアできると思う。


スピーキングテストについて考えた [TOEIC SW]


冬休みも3日目になりました。

今年はTOEIC SWを中心に学習しています。昨日まででTOEIC SWの概要は
おおまかにわかりました。今日以降は対策をしていきたいと思います。
1月の試験日までにSWの英語の実力が大きく向上するとは思えませんが、
試験の形式に慣れ、本番で慌てないようにすることも大事だと思います。

TOEICではたくさんの対策本が出版されているのでそこに対策本の指示に従って
問題を解き、正解・不正解の問題について解説を読み、自分の知識として定着
させるという作業をすればいいわけですが、TOEIC SWでは対策本がありません。
「公式ガイド」が唯一のよりどころとなります。

またTOEICでは各問問題で正解が必ず1つに決まることから、正解数を記録していけ
ば自分の英語力、TOEIC力が上がっているかどうかが数字(正答率)で実感すること
ができます。

しかしTOEIC SWでは例えばスピーキングテストではどれくらいうまく応答できたか、
が測定されるわけですが、それには完全というものがありませんし、完全に回答でき
たと思えることもないでしょう。なので、準備によって自分のスピーキング力がどれ
くらい向上したかを確かめる術ばありません。悩ましいところです。

スピーキングテストにも異なる設問により多角的にスピーキング力を確かめようとし
ていますのでよい結果を得るためにそれぞれの設問に対して有効な対策は何かを自分
で考えて準備していかないといけません。

さて、まずはスピーキングの問題ですが、大きくわけて以下の3つに分かれると思います。


A.音読する。(設問1,2)
B.与えられた事実(写真、状況)を英語を使って説明する。(設問3-9)
C.自分の考えをまとめて意見を述べる。想像力・創造力が必要。(設問10,11)


A.についてはこれまで通り、多くの教材を音読して準備すればいいと思います。
 TOEICのPart4の音読が効果的ではないかと思います。

B.についても回答の材料はTOEICの選択肢などが材料になると思いますので、それを
英語で言えるかどうかを練習すればいいと思います。TOEICのPart1やPart2を自分で
言ってみるということをおこなえばいいと思います。

C.についてはTOEICでは訓練したことのない能力も発揮しなければなりません。英語
で話す前に、どのように回答すればいいか、まず自分の意見をまとめる必要があります。
いままでそのような状況に出くわしたり、考えたこともないような事項であっても、短期間で
想像力を働かせて回答の内容を構成する必要があります。この点でAやBのカテゴリの
内容とは大きく異なるのではないかと思います。Cのカテゴリーの設問については別途
考えて見ます。どのように自分の考えをまとめればよいか、それをどのように構成して
話せばいいかについてよい方法がありそうです。


というわけで冬休み3日目、いろいろと考えています。
今回の冬休み中の記事が昨年までのように「冬合宿」と題して、今日はこれだけやっ
たと書けない理由もやるべきことについていろいろと考えているという事情があるか
らでしょう。


さっき、スーパーに行って年越し用のそばと上にのせる天ぷらを買ってきました。

TOEIC SW ライティングテスト [TOEIC SW]

昨日と今日とでTOEIC SWの概要をほぼ理解することができました。

以下はTOEIC SWテストのライティングのテストの概要をまとめてみたものです。

TOEIC SW(W).jpg

後半になるに従って難易度が上がってきますね。

写真描写はPart1で見なれた写真を所定の条件を満たした上で英作文することが
期待されています。Part1と違うのは想像力を働かせてもいいということのようです。
ただし文法上の誤りは厳しく減点されるようですね。かっこいい文章を書くよりも
文法的に誤りのない簡潔な文章を心がける必要があるでしょう。

後半の2つの設問では実際に長めの文章を書くことが要求されます。
電子メールの作成は日々の業務でおこなっているのでなんとかなるかもしれません。
応答の電子メールを書くにあたっては条件が課されているのでその条件をしっかりと
満たしていることが大事ということも理解しました。

最後のエッセイを書く設問は練習をしないと難しいと思われます。
自分の意見を述べるというのは日本語でもあまりやりませんから。
わかりやすい文章を書くこと、論理的に展開することが求められているようです。



今日は雨も降り寒い一日でしたね。[雨]
家は寒いのでカフェに行ってきました。
家にいると暖房代がかかりますからね。とは言ってもカフェに行けばお茶代がかかる
わけですが。。。


TOEIC SWだけでは飽きてしまうのでTOEIC勉もやってます。

ヒロ前田先生の
「TOEICテスト究極のゼミ Part5&6」
です。
第5回ゼミまで進みました。
苦手な複合名詞と分詞についての解説があって役に立ちました。
第3回ゼミのNo.19と20はしっかり間違えました。罠にハマりました。まだまだですね。

TOEIC SW スピーキングテスト [TOEIC SW]


TOEIC SWテストのスピーキングテストの部分の概要を自分なりに
一覧表にまとめてみました。

テストを受験するためにはテストの概要を知ることが大事です。
TOEICテストもそうですが、テスト形式を十分に知っていなければ
自分の能力を実力通りに発揮できないですから。

TOEIC SW(S).jpg

スピーキングテストには6つのパートに分かれています。
後半になるに従って難易度が高くなってくるように思われます。
スピーキングテストですが、質問を正確に聞き取る、表示された
資料を瞬時に理解して内容を読み取ることが前提の設問もあり、
リスニングやリーディングの能力も試されていることがわかりました。

それぞれの設問に対してどのように練習すればいいかを考えていく
ことにします。

設問10や11は日本語で回答するとしても結構骨が折れそうです。

ついに冬休みです。


おはようございます。

やっとお休みに入りました。これから10連休です。
今年の冬休みはTOEIC SWテストの準備を中心に学習しようと思います。

今週1週間で公式ガイドでテストの内容をいろいろと事前に調べていました。
テスト内容には設問をすばやく読みとる、質問を正確に聞き取るなど、リスニングや
リーディングでの有る程度の能力も期待されていることがわかりました。

写真を口頭で説明するという問題(TOEICのPart1に似ている)があったり、聞こえて
きた質問に対して応答する(Part2)の応用編のような問題があるのでTOEICの教材を
使って準備をすることができるのではないかと思っています。


さて、冬休み中の生活ですが、以下を励行したいと思います。

・早起きをする。
 早起きしてなるべく午前中に学習する。

・TVを見ない。
 見たいと思う番組はすべて録画する。冬休み後に見れるようにする(結局見ずに消去することに
なるという作戦です)。天気予報くらいは見ますよ。

・風邪などをひかないように体調管理をする。
 これが一番大事ですね。健康あっての英語学習です。

TOEIC SWだけでなく、TOEICの学習の復習もしたいと思います。


(冬休み中に何か一人イベントやるかも)


2012年の英語学習の振り返り


今年の仕事も終わりました。今年もあと3日ありますが、ここで今年の英語学習につ
いて振り返っておこうと思います。
(思いつくままにキーボードをたたいたら長文になってしまいました。)


1.英語の原書を読んだ(年前半)

昨年末から今年の5月まで半年かけてHarryPotterシリーズ全7巻の原書を読むこと
ができました。1年前の年末・年始の自称冬合宿で第1巻の原書を読み始めたわけで
すが、おもしろくて止まらなくなり、結局半年かけて第7巻の最終章まで読み進めて
しまいました。当初は冬休みの間だけ、第1巻くらいは読めるかと思って読み始めた
わけですが、勢いがとまらず結局最終巻まで読み進めることになりました。TOEICの
点数が700点代だった5年ほど前に第1巻を読んだことがあるのですが、そのときは
かなり苦労して読んだ上に途中で読むのを止めてしまったという経験があります。今
回はわからない単語は結構あったのですがストーリーにぐいぐいと後押しされました。
TOEICの点数も950点を超えてきたのでやっとHarryPotterを楽しんで読めるレベル
に達したのかもしれません。

 HarryPotterの原書を全巻読むと約110万wordsになることも途中でわかり、多読の
目安とされている100万wordsも同時に達成することを励みに読み進めることができま
した。年後半にTOEICを3回受けることになるわけですが、これまではTOEIC受験後は
疲労困憊して何もやりたくないという状態になるくらい疲れていたのですが、TOEIC
受験後にそれほど疲れなくなるという変化が起きました。英語に大量に触れる毎日を
過ごしていたので英語を読むことが普通のことになったのだと思います。

 半年間HarryPotterを読んでいたおかげでTOEICの学習はまったくしていないという
状態が半年間あったので、7ケ月ぶりに受けるTOEICの点数も下がるのではないかと
不安だったのですが、年後半に受けたTOEICではいずれも950点を超えることができま
した。


2.TOEICを3回受けた。(年後半)

 年後半はTOEICを3回(6月、7月と11月)受けました。いずれもその直前の約1ケ月
をTOEIC受験の準備に充てました。残念ながら自己ベスト更新(975以上)することは
できませんでしたが、3回とも950点を超えることができました(平均960点)。

 7月のTOEICでは自己ベストタイの970点。このときはReadingで2問だけ間違えて490
点のReading自己ベストをとることができました。

 11月のTOEICではそれ以前のListeningで連続して480点をとっていたので、なんと
か満点をとるべくListening再度満点取得をターゲットにしました。特にPart3と
Part4での失点が多いことから、このパートの対策に意識を集中しました。具体的に
はすでにブログでも記事にしましたが、自分にもっとも適切な先読み(先読みしない)
方法は何かを研究することでした。多くの模試で試行錯誤をした結果、先読みをし
ないと回答しにくい設問のみを記憶にとどめその他の設問はチェックしただけで忘れ
る、という方法でした。いくつかの模試でこの方法を練習した後、11月のTOEICを受
験したところListeningでは2問のミスで495点をとることができました。しかも最大
の課題であったアビメの4項目目(長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて
詳細が理解できる)が初めて100となりました。目標を達成するために自分の弱点を知り、
それを克服するための方法論を検討し、実践した結果として目標を達成できたことが
何よりもうれしかったです。


3.来年に向けて

 2012年は前半は原書の読書、後半はTOEICの受験と英語への接し方が異なりました
が、それぞれ意味のある経験をつむことができたと思います。その間も年間を通じて
仕事で英語に触れることもできました。

 来年の計画はまだ立てていませんが、

1)英語のアウトプットに少し力を入れてみることと、
2)英語の精度を上げる取り組みをしてみたい

と思います。前者についてはTOEIC SWの受験を通じて自分のアウトプット力を確認し
その後の学習に活かせいてみたいと思っています。後者については特に苦手なPart5&6
の設問に真摯に対峙して英語への嗅覚を磨きたと思います。


1年間当ブログにお付き合いいただきありがとうございました。

明日より冬休みです(冬合宿開始?)。


TOEIC SWの問題に正解はない [TOEIC SW]

引き続きTOEIC SWについて調べています。

TOEICとTOEIC SWの決定的な違いは
TOEICでは正解があるのに対してTOEIC SWでは正解はないということ。

TOEICの公式問題集では
問題->正解->解説
という構成になっていますが、

TOEIC SWの公式ガイドでは
問題->実際の解答例->解答例の好評->まとめ(注意点)
という構成になっています。
(解答例がたくさん録音されているので付属のCDも3枚になっている!)

各問題に対して
良い解答例、まあまあの解答例、いまいちの解答例が
それぞれ複数示されていて、どこがよかったか、どこが減点されるのか
を指摘して、どこを直せばより評価が高くなるかが解説されています。

TOEICがひとつの正解しかないのに対してTOEIC SWでは無限の正解が
あるからでしょうね。

TOEICが「新公式問題集」であるのに対して
TOEIC SWでは問題集ではなくて「公式ガイド」なのだ、
ということが理解できました。

公式ガイド.jpg

これってもしかしてトリビア?


TOEIC SWとTOEICの比較 [TOEIC SW]

年明けの1月のTOEIC SWを受けることにしました。
すでに1ケ月を切っていますので準備を始めないと。

TOEIC SWの準備を冬休みに集中的におこなうつもりですが、少しづつ予習を始めました。

まずはいつも受けているTOEICと比較しつつTOEIC SWは何が違うのかを調べてみました。

TOEIC v TOEIC SW.jpg


表にまとめるとだいたい上の通りなのですが、TOEIC SWの公式問題集
などをぱらぱらとめくってみて最大の相違点は何かというと、TOEIC SWでは
正解はない、ということなのだと思います。

TOEICはマークシート方式で200問について3択または4択で正解を
見つけることが課されていて、何問正答したかで成績が算出されます。
それに対してTOEIC SWのライティングの設問のひとつのように、
○○についてあなたの意見を300wordsで述べよ、なんていうのがあったりします。

正解は無限にあるわけですね。
日本語でも答えるの大変なんじゃない?

ただ、質問のパターンは決まっているようなので、有る程度の準備はできるはずです。

きたる冬休みにしっかり準備しようと思います。


「TOKYOエアポート」 最終回

Tommyオフ会に参加していた時間帯にフジテレビで「TOKYOエアポート」の最終回が
放映されていました。翌日の月曜日に録画してあった最終回を見ました。
前回から続いた危機的状況も脱せられて、最終回らしくハッピーエンドに終わって
よかったですね。

このドラマは東京国際空港(羽田)を舞台に空港管制官が主人公(深田恭子さん)のドラマです。
時々飛行機に乗るので興味があったことと、航空管制が英語で行われることから毎回録画
して見ていました。ドラマの中でも航空管制をするシーンでは英語が使われ、画面下には
日本語で字幕が出ていました。
方位を角度で表示したり、風速の単位がノットだったり、専門用語も多くなかなか聞き取れ
ませんでしたよ。

状況が刻々と変わる中、的確な指示を英語で出さなければいけない大変な仕事であることが
わかりました(私にはできない)。

空港管制官のチームを組む登場人物は美男美女(時任三郎、佐々木希、瀬戸朝香、要 潤さん
他)ばかりなのですが、注目していたのは深田恭子さんの英語の発音がとてもきれいな
ことだったんです。かなり発音の練習したと思います。
美しく凛々しいお姿と奇麗な英語の発音に魅せられました。


私もときどき飛行機を利用しますが、あちこちの目的地から飛行機が飛んでくるのになんで
数分間隔で飛行機がスムースに着陸できるのだろうと、いつも感心していたのですが、
空港管制官の方たちがうまく順序を調整したり指示を出して見守ってくれていたのですね。

これから飛行機の乗り方も変わりそうです。


2012 オフ会に参加しました

20121223.jpg


Tommyさん主催のオフ会に参加してきました。

有名なレストラン!を貸し切ってのオフ会です。


多くのTOEIC学習者と同じ空間を共有できて大変有意義でした。
1/3くらいの方は1年前のオフ会でお会いした方やすでに存じ上げていたのですが、
ブロガーでない方も半数くらいいていろいろとお話をすることができました。

多くの方にブログ読んでますと声をかけていただきました。
皆さん前に書いた記事のこともよく覚えていてくださるのですね。
ブロガーでない方も多くて、こちらからは存じ上げない方も多かったのですが、コメント欄で
やりとりできればうれしいです。

今年もチームに分かれてTaskをこなしました。問題にはSpeakingとWrightingが含まれて
いましたね。
私の所属したEチームは優勝はできませんでしたが、写真を説明するというspeakingの課題で、
皆で力を合わせてよい結果を残すことができました。
ちょうど年明けの1月のTOEIC SWを申し込み(前の記事)、年末年始にその準備をしようとしていた
ところでしたのでmotivationアップにもなりました。


ローストビーフ、ポテト、揚げたお魚(5つ食べました)がとてもおいしかったです。
ピンク色のマカロン、めちゃめちゃおいしかったですね。


Tommyさん

今年もすばらしいオフ会を企画していただきありがとうございます。
参加者の皆が単にその場を楽しむというだけでなく来年に向けての英語の学習へのパワーを
入できたと確信します。
Tommyさんの最後の演説カッコよすぎ。でもどこかで聞いたことあるぞ。
(天井のBOSEのスピーカーで音響も完璧でしたね。しかもWALKMANに接続。)


20121223_2.jpg


(追伸)
ロールケーキネタが最近少ない、というご指摘を受けました。
対応するようにいたします。


(追伸2)
今年はスイーツオフはなかったのですが(昨年のスイーツオフの記事はこちら)、年末と言わずにやりましょうね(私が企画すればいいのか)。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。