So-net無料ブログ作成
検索選択

1月も最後なので [リーディング]


ブログの更新を怠っていますが主に通勤時間を使ってTOEIC勉をPart5を中心に
しています。

「文法特急」と「単語特急」を数か月ぶりに解いています。
いずれも全問正解できました。
文法特急は解説も含めてよく確認しています。
単語特急は解説の単語も含めすべて確認する作業を2周しました。

問題を解くだけでなく、さらにどのように本を活用すればいいか検討中です。

正確性 [リーディング]


TOEIC SWの受験も終わり、TOEIC勉に少しづつスライドさせています。

そして、3月のTOEICも申し込みました。

テストまであと2ケ月。



そして今年の目標もそろそろ定めなくてはなりません。今年は

正確性

をテーマに英語学習をしていきたいと思います。

SpeakingとWritingにも気を配りつつ特にまだ課題の多いReadingを攻略したい
と思っています。

ちょっと欲張りか。


具体的にはReadingテストで苦手なPart5とPart6の正答率を
39/40と12/12まで上げたいと思います。


まずは感覚を取り戻すべく、まずは「文法特急」を1日で1周するところ
から始めました。

「文法特急」を解くのは久しぶりですが、
なぜある選択肢が正解になるのか、不正解の選択肢はなぜ不正解になる
のかも確認しながら解きました。結果、全問正解できました。
今回は解説もじっくり読んで、不正解の選択肢も確認しました。

「文法特急」で学習するにあたり
SpeakingとWriting力の向上にも気を配るという観点からは

1)問題文を音声素材に合わせて音読したり、
2)偶数ページの下にある日本語訳を見て英語にできるか試してみたり

したらいいのではないかと考えていたら、
そんなことは花田先生ご自身が「文法特急2」の「はじめに」p5に
書かれていました。

どこかで記憶に残っていたのかもしれません。
花田先生も良いとおっしゃっているのですからそれを実行できるか
どうか、そしてそれを習慣化できるかどうかがさらに英語が上達する
早道(王道)なのでしょう。


今日はとりとめのない文章になってしまいましたが、これで記事をアップします。



スピーキングの練習もしないと。 [TOEIC SW]


TOEICでの学習を除けば私が英語の4技能を仕事で使う度合いは以下の
ような感じです。

Reading > Writing > Listening > Speaking

Readingは英語の書類を読んだり電子メールを読むときに、
Writingは電子メールへの返信などを書くときに、
Listeningは英語での会議(電話会議を含む)のときに、
Speakingは英語での会議で発言するときです。

Speakingは普段最も使わない能力なので意識的に訓練しないとやはりな
かなか伸びない能力なのでしょうね。スピーキングテストで苦戦したの
も当然と言えば当然か。

先日のTOEIC SWではSpeakingに比べればWritingのテストの方が少しは
手ごたえがありました。それは普段から英語を書いているからなのだと
思います。(とか言ってひどいスコアだったらどうしよう。)


さて、ここまで書いての今日の結論は、

TOEIC SWに特化した学習は1月20日までということにしますが、今後
TOEIC勉を復帰するにあたり、Speaking力も伸ばすべくどのようにTOEIC
と付き合っていくか、またTOEIC勉をするかを考えていきたいと思います。

TOEIC SW受験が英語学習にいい刺激になったと思います。


スピーキング力について考える [TOEIC SW]


日曜日にTOEIC SWを受けてきました。


スピーキングテストについては思っていた以上に苦戦しましたので思うところを書いてみたい
と思います。

苦戦した理由は、

「状況把握力」と「突破力」

の不足ではないか。

仕事で英語を使っているのでもう少し話せるかと思っていたのですがなかなか思うように
話せませんでした。特に自分の意見を主張する後半の設問についてです。

普段仕事で使う英語は専門用語も多いですし、かなりつっこんだ議論もするのでテストでも
もう少し話せると思ったのですが、やはり苦労しました。


なぜか。


仕事で英語を話す機会というのはあらかじめ予定された会議などで英語で状況を説明
したり自分の意見を述べることになります。仕事での会議ではTOEICには絶対出てこない
ような専門用語を使ったりその業界だけの人が知るルールに基づいて話が進むわけです。
でも会議で話される内容はあらかじめ設定されるわけですし、使う単語が難しいといっても
その業界人であれば最低限知っていなければいけない単語でもあるわけです。
また突っ込んだ議論をするとしても話題はあらかじめ用意された議題(agenda)に沿って
進むわけですから予測の範囲内であるわけです。

これに対してスピーキングテストでは突然ある状況が設定され、短い準備時間で考えを
まとめて話し始めなければなりません。どのような状況になっても自分の考えを英語で
表現できる能力、つまり最初に言った、「状況把握力」と「突破力」が必要だなあと思った
次第です。

「仕事で使える英語を身につけたい」、というのが私の目標でその目標には少しづつでは
あるけれど近づいているのではないかと思うわけですが、どんな状況に突然おかれても
(瞬時に)英語で突破できるというのにはまだまだだなあとテストを受けた時点で自己診断
しました。






Ispahan [スイーツ]

Ispahan.jpg

PIERRE HERME(ピエール・エルメ)のIspahan(イスパハン)です。

さくさくでほのかな甘さのマカロンに
ぷるんぷるんですっぱいライチ
そしてマカロンの間にローズ風味のクリーム

ひとくちづつ口にするたびに違った触感と味わいを楽しむことが
できます。口にするたびに何回もおいしい。
そして目でも楽しめる。

赤い花びら状の左上の方にしずくがあしらわれているのが見えますか。
芸が細かいです。

大満足です。


TOEIC SW 受験ご苦労さまでした。



TOEIC SWテスト当日1/20 [TOEIC SW]

ブログの更新をさぼっている間にTOEIC SWの当日になってしまいました。
先週の1月のTOEICの興奮の余韻のなか(私は受けていませんが)、

今日、午後の部(14:00-)でこっそり受験してきます。(受験者数予想400人。)
昨日もカフェで公式ガイドで準備してきましたが、初めての受験なので
わからないことが多いです。


さて、携行品の確認です。


受験票:TOEIC SWにはありません。

身分を証明するもの。
運転免許証またはパスポートなど写真があるものが必要なようです。
これはTOEICと同じ。

写真は?いらないみたいですね。
公式認定証用の写真は会場で撮られるみたいですね。

筆記用具は?持参してとは書いていないな。
パソコンで受験するわけだから筆記用具は必要ないか。念のため持っていくことにしよう。

時計は?これも必要とは書いてないな。パソコン画面の指示に従って受験するので
必要ないということなのでしょう。でもライティングの最後の問題は30分でエッセイを
書くことになっているけれど30分はどうやって測るのかしら。念のため持っていくことに
しよう。電池切れに気がついたので昨日、電池を交換してきました。

昼食のバームクーヘンとおにぎりはどうしよう。
13:30までの受付後、説明を受けたら順番にテストが開始されるみたいだから会場で
昼食を食べることはないんだ。さてどこで食べようか。



センター試験を受験するひとに負けないようベストを尽くしてきます。


(受験後の追記)

運転免許証だけでOKでした。




早稲田ロール [スイーツ]


雪が降る寒い1日でした。[雪]

午前中、雪が降る前に出かけてスタバでTOEIC SWの準備を
してきたのですが、帰ろうと思ったら電車が止まっていて
ビックリしました。
家にいると寒いからという理由で外出したのですけれど、外はもっと寒かった。
滑りながら買い物をして家に帰ってきました。


昨日は1月のTOEICお疲れ様でした。
試験日のTBRも最終回でした。
残念です。
昨日のTBRではテストの振り返りだけではなく、学習相談などもありましたね。
音読は必要か?などなど。
学習相談などのTBRがあるといいなと思います。
今後もなんらかの形で続けてほしいです。


さて、年明けからスイーツ率のペースが上がっています。

早稲田の杜のロールケーキです。

waseda-role cake.jpg

生地とクリームで勝負している数少ないロールケーキのひとつです。
ふわふわの生地にほんのりと甘いクリームが特徴です。
いくらでも食べられそうです。


TOEIC SWで何点とればいいですか? [TOEIC SW]

1月20日にTOEIC SWを受験するわけですが何点取ればいいのでしょうか。
何点を目標にすればいいのでしょうか。

TOEIC SWのHPを調べたところTOEICテストとTOEIC SWテストのスコアの
相関関係表がありました。
TOEIC SWの申込みをするときにTOEICの点数が何点ですか?というアンケートが
あるのでこれをベースに作ったものと思われます。

私の2012年のTOEICの平均点が960点だったのですが、相関関係表によると
Speaking(SP):170点、Writing1(WR):80点くらい、合計で350点くらい、ということになりそうです。
ただこれは全受験生の平均的な相関関係なのでTOEICの点数はいいけれどしゃべれ
ないじゃない、という人は点数が低くなったりするわけですね。またその逆もあるでしょう。
まずは350点くらいを目安にそれ以上とれるように頑張りたいと思います。

ところで他のデータもいろいろと見てみると、TOEIC SWテストって公開テストよりもIPテストの
受験者の方が多いのですね。

2011年のデータでみると、
公開4800人、IPテスト5900人
となっています。


うーむ。

TOEIC SWテスト受験生数ってTOEIC受験生の1/100なのですね。

超マイナー?


フルーツロールケーキ(ANNIVERSAIRE) [スイーツ]

すでに昨日ですが、表参道の通りに面したところにあるANNIVERSAIREです。

結婚シーズンになるとよく結婚式を奥でやっているのが舗道からもちらりと見えますね。
お店にはテラス席がたくさんあってパリのようです。

Cake Set TimeだったのでFruits Roll Set をいただいてきました。

anniversajre_role cake.jpg

大きなフルーツがロールケーキにごろんごろん入っていて
ボリュームたっぷり。フルーツもしっかり楽しめました。
もちもちした生地もとてもおいしかったです。
ロールケーキの上にさらに苺が乗っています。贅沢!!


もちろんお茶しながらTOEIC SWのライティングの勉強(検討)をしてきました。


ライティングテスト Eメール作成 [TOEIC SW]


TOEIC SWテストの Eメール作成問題

ライティングテストでは短い電子メールに対する返信を作成するという問題が2問出題されます。
各10分です。なお返信メール作成にあたっては簡単な条件が課されます。

この問題はできるのではないかと思われます。毎日、仕事でやってますから。
(先日のオフ会の案内に対して英文で返信するという課題がありましたね。ほぼ同じです。)

2問出題されるということはそれぞれ違う性質の問題が出題されると予想されます。返信先が
誰かによって丁寧度も少しは変えないといけないかもしれない。

出だしは
Hallo Mike, Thank you for xxx.
なのか
To whom it may concern, I appreciate you e-mail yyy.
なのかも注意したいと思います。


回答例を見てみるとそんなに長く書かなくてもよさそうです。却って余計なことを書くと文法
ミスなどで減点されるかもしれません。必要最小限の回答にして乗り切りたいと思います。

この問題に対しては「公式ガイド」に載っている回答例をタイプ打ちして練習してみようと
思います。またメールのきまり文句をうまく使えるようにしておきたいと思います。


さて、実は今日が冬休み最終日でした。明日から仕事です。TOEIC SWの公式ガイドを使って
いろいろと問題について検討してきました。TOEICとは勝手が違いうまく準備ができているとは
言い難いです。

その原因のひとつにTOEICと異なり設問に正解がないといことなのだと思います。TOEICでは
絶対の正解があり、正解できるかどうかを検討することで成果がでたかどうかを確認する作業
ができるわけですが、TOEIC SWではそれができません。すでにあるいろいろな教材を音読して
みたり、例題に対する回答を作成してみたり、または回答例をタイプ打ちしてみたりしています
が少しは効果があるでしょうか。

1月のTOEIC SWまであと2週間です。SWの実力があと2週間で上がることはないので少しでも
テストに慣れて当日、あわてないようにしたいと思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。