So-net無料ブログ作成
検索選択

1月最終日

今日で1月も最終日。2014年ももう1ケ月もたってしまったのですね。

ところで、

祝!

1ケ月毎日更新(2011年1月以来)。

そして月間最多更新(34回)。[手(チョキ)]

2014 Jan-calender.jpg


毎日ブログを更新している方もいるのでたいしたことはないのですが、

一応、いずれも自己ベストです。

せっかく作ったのでブログ開設以来の月間更新回数のグラフを貼り付けます。

月別更新回数.jpg

最近半年は英語以外のことをやっていたために更新回数もすくなかったのですが、

このグラフを見るとわりとコンスタントに更新しています。

今回の月間最多更新のあと、力尽きてぱたっと更新が止まったりすることにならないように

したいです。

場面を思い浮かべる [リスニング]

引き続き、通勤の往復でTOEIC公式問題集Vol.5 TEST1 Part4の復習をしています。

Part4のあるトランスクリプトを聞くたびにこの光景を思い出してしまいます。

実際に似た状況に出くわしたことがあると会話も聴きやすいです。

以下の写真を見ながらQ80-82を聞いてみてください。


Festival.jpg



parking [英単語]

引き続き公式問題集Vol.5 TEST1のPart4の復習をしています。

スクリプト中に 

find parking

という表現を見つけました。
このときの私の頭の中の反応は以下の通りでした。

findは目的語をとるからparkingは名詞だな。
でも名詞だとしても冠詞がないぞ。
ということはparkingは不加算名詞ということか。
でもparkingは「駐車場」という意味だと思っていたから数えられるような気がするけど。


不思議に思ったので調べてみたら、parkingはやはり不加算名詞でした。

そしてさらに調べてみると、parkingは「駐車場」ではなくて「駐車場所」でした。
それで不加算名詞なのかと理解しました。

それなら、駐車場に該当する単語は?ということでさらに調べると

屋内駐車場は  parking garage
屋外駐車場は  parking lot

でした。

なるほど、複合名詞となるのですね。
そういえば、parking lotはどこかで聞いたことがあるぞと思いました。
そしてこれならいずれも可算名詞で数えられることになります。


納得しました。


You might want to [英単語]


引き続き公式問題集Vol.5 TEST1のPart4を復習しています。

You might want to ~.

という表現がでてきました。

あなたは~したい、にmayの過去形であるmightがくっついている。

だから、あなたは~したい、かもしれない、?などと頭をひねりながら

考えていましたが、訳文を見て愕然としました。

~してはいかがかと思いますが。

または

~するといいでしょう。

という提案の意味だったのですね。


相手の自主性を尊重して提案するときの表現だそうです。

知らなかった(汗)。


そうだとするとPart2で以下のようなやりとりがあったら

正解になるわけですね。

A: You might want to bring your umbrella.

B: Thank you for your advice.


本番のTOEICで出題されたら絶対正解できないと思った。



いつか実際に使ってみたい!

Part4の読み上げスピード [リスニング]

公式問題集Vol.5のTEST1 Part4を使って繰り返し復習しています。スクリプトを
音読したりシャドーイングしたりしているうちにあることに気づきました。読み上げる
スピードが問題セットごとに違いますよね。例えば、No.92-94はかなり速く、シャドー
イングしようとすると口が回りませんし、追いつかない部分がでてきます。

ということで、各セットの読み上げ時間を測り、word数を読み上げ時間で割って
読み上げスピード(words/munite)を算出してみました。

その結果、

No.71-73は 143words/munite(最遅)

No.92-94は 218words/munite(最速)

でした。後者は前者の約1.5倍速であることがわかります。
どうりで速いはずです。

各セットのword数と読み上げスピードスピード数値をグラフ化してみると(掲載は
控えます)、word数、読み上げスピードは問題を追うごとにそれぞれ多く、速くなる
傾向にあることがわかります(もちろん例外はあります)。後半にいくほど負荷が高
くなるという印象がありましたが、グラフをみて確認できました。

ETSが音声収録のときに、
「今のはちょっと早すぎるからもう少しスピードを遅くしてもう一度。」
なんてやっているのかな。
それとも、録音したあと機械で早さを調節している可能性もあるのではないかと思い
ました。

quick [英単語]


ネイティブと会話をしていたら、相手が

"Can I ask you a quick question ?"

と言ってきました。

意味はすぐにわかった。

「ちょっと質問してもいいかな。」 

このquickは簡単に答えられるちょっとしたというニュアンスだろうということは

すぐに想像がつきました。

そしておもしろい表現だなと思いました。、

知らないと使えません。


今度は自分で使ってみよう。


旅先からの一枚(4)ヴェネツィア [旅先での一枚]


Venezia(1).jpg

共和政を維持し約1000年間海洋国家として中世ヨーロッパの経済の中心だった

ヴェネツィア。

当時の繁栄の街並みがそのまま残されている。

現在でも移動の手段は徒歩と船だけだ。

ゴンドラを漕ぐゴンドリエーレ(gondoliere)のシルエットがきれいです。






time [英単語]

引き続き公式問題集Vol.5 TEST1のPart4を使って復習をしています。
最近は気になる単語の意味を調べては記事にしていますね。

今日はtimeです。

Part4のスクリプトに

set up a time

という表現を見つけたときに、timeって不加算名詞ではなかったっけ?と疑問に
思いました。それでまた辞書で調べてみたのですが、多くの意味では不加算名詞
として使われますが、加算名詞として使われるときもあることがわかりました。

時刻、(空間に対して)時間という意味で使うときは不加算名詞として、一方、以下の
ような場合には可算名詞と使われることがわかりました。

It is a good time to start learning English.

でも、使い分けが難しそうです。

あと、回数を意味するときも可算名詞ですね。


construction [英単語]



引き続き公式問題集Vol.5 TEST1のPart4を使って復習をしています。

表記のconstructionの前に冠詞がないのを見つけて、あれっ?っと思いました。
名詞constructionは可算名詞だと思っていたからです。

そこでさっそく辞書で調べてみました。いくつかの意味があることがわかりました。
列挙すると主なものは以下の通りでした。

1) U 建設作業
2) U 建築業
3) C 建築物
4) C 解釈

(数字の後のUは不加算名詞、Cは可算名詞を表します。)

私が加算名詞だと思っていたのは3)の意味の建築物ですね。
不可算名詞として 1) 建設作業や、2) 建築業があることがわかりました。
Vol.5のスクリプトでは1)の建設作業の意味で使われていました。

ところで4)の解釈という意味もあることが分かりました。こちらは可算名詞。


come see [英単語]


公式問題集Vol.5のPart4を使って引き続き音読などで復習しています。

今日はまた新たな発見をしました。

動詞が2つ続く表現を再確認したことです。

それは

"come take advantage of"

という表現でした。

ネットでこの表現を検索してみたら、お店の広告がヒットしていて、公式問題集の

スクリプトと似た場面で使用している用例でした。

come and take advantage of

と言うとめんどくさいのでcome takeと言うんでしょうか。

そう言えば、日本語でも2つの動詞をくっつけてひとつの動詞として使う表現がたくさんあるな、
と思いました。例えば、ひっくりかえる、投げ飛ばす、送り届ける、言い返す、もぎ取る、などは
2つの動詞が合体しています。


さらに、別のスクリプトでは

"come and see us"

というのも出てきて、こちらは接続詞を間に挟んでいて動詞をそのまま連続させていませんが、

調べたところ

Please come see us.

のようにも使えることがわかりました。


なるほど。。


こんな感じで公式問題集の復習もしばらくは楽しめそうです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。