So-net無料ブログ作成
検索選択

TOEIC2.5週間前


少し暖かくなってきましたね。

通勤の往復で

千本ノック!6
文法特急

を繰り返しやった。

3月のTOEIC3週間前


1月のTOEICから約1ケ月、公式問題集Vol.5のPart4のトランスクリプトを使って精聴、
リピーティング、シャドーイング、文法事項チェックなどをしてきました。点数を上げると
いう観点からは即効性があるかどうかはわかりませんが、少なくともそれまでできな
かったことができるようになったという意味では前進であると思います。

3月のTOEICまで残り3週間となったので、TOEIC勉モードに移行します。これまで
通勤の往復では公式問題集Vol.5のPart4のシャドーイングを中心にやっていましたが、
Part5や単語のチェックをすることにしました。

今朝は金フレの860点レベルの単語をチェックしました。単語は基本的に全部知って
いるものばかりですが、日本語から英語にするというのは負荷が高いですね。

前に座っている女性の膝の上には全力特急が置いてありました。でもその女性は
スマホをいじっていたのですが。


旅先からの1枚(8) サンフランシスコ [旅先での一枚]

Tier39.jpg


ダウンタウンからケーブルカーに乗る。

坂を上がり、交差点を左折、右折して丘の反対側に下ります。

終点から海辺沿いをピア39までお散歩する。

海に向かって細長く伸びる桟橋は2階だてのショッピングモール

になっていて、お土産屋さん、レストランなどが並んでいました。

桟橋のわきでは野生のアシカがお昼寝をしていた。



PierはTOEIC重要語句だと思っていたのですが最近、TOEICでは

あまりみない気がします。

舌がもつれます [リスニング]


公式問題集Vol.5 TEST2のPart4のリピーティングをしていますが、

If you're interested in scheduling

が何度練習しても言えません。

特にinterestedの部分で舌がもつれます。

もっと練習します。


have+目的語+過去分詞 [英単語]


公式問題集Vol.5 TEST2 Part4を復習しています。

I'd like to have bushes planted...

という文章が出てきます。

この文章の意味がストンと理解することができません。

辞書を引くと、

have+目的語+過去分詞

人・物が目的語Oを...される

というように説明されているのですが、この文法事項を頭に入れて文章を読んでもなんか

しっくりきません。


そこで大西泰斗先生の「一億人の英文法」で該当箇所を読んでみました。

本件にあてはめて説明してみると、

bushes(目的語)がplanted(植えられる)という状態をhave(持つ)

と考えればいいそうです。

こちらだと文法事項を覚える必要もなくて、なんかすっきりしませんか。


辞書で説明されている類型のように意味を覚えるのではなく、単語をその

並びの順に理解していけばいいのだということを教えてくれています。




名詞とbe動詞の短縮形 [英単語]



引き続き公式問題集Vol.5 TEST2 Part4のトランスクリプトをチェックして楽しんでいます。

今日は

This offer's good

が聞き取れませんでしたというお話です。

最初は会話を聞いて

This offers good

動詞offer に三人称単数のsがついているのかと思いましたが、これだと

goodが目的語の名詞だということになって冠詞がないのが変だと気付きました。

次に、

offerは名詞でその複数形かと思ったのですが、offerが複数形ならばThese offers

になるはずですし、そもそもgoodが浮いてしまいます。

結局、正解は最初に書いた

This offer's good
(=This offer is good )

でgoodは有効という意味の形容詞なのですが、名詞と動詞の短縮形があるという

発想がなかったので何回聞いても正解にたどりつくことができませんでした。

少し前の記事でHe'sがHe isなのかHe hasなのか見分けるのが難しい、

という記事を書きましたが、名詞とbe動詞の短縮形も難しいです。


堂島プリンスロール [スイーツ]

堂島ロール2.jpg

出かけた帰りにデパ地下を通り抜けたら、吸い寄せられてしまいました。

堂島プリンスロール。

「季節限定」と書いてあったのでお買い上げです。

1本ではなくて1ピースだけ買って帰ってきました。

生地の部分はモチモチで、クリームの部分はカカオの香りがしっかりときいていて

そしてふわふわでした。

生地にまぶしてあるカカオパウダーも少し苦みがあってクリームの部分との相性も

とってもいいです。[黒ハート]




旅先からの1枚(7)ロンドン [旅先での一枚]

London(1).jpg


ロンドンの街を歩いて午後部屋に戻った。

少しベッドで休憩をしてもう一度、ホテルを後にする。


まだ少し早い時間だけれどパブに行って、おつまみとともにビールを

ハーフパイントで2種類楽しんだ。


外がやっと暗くなったころ、パブを出てリージェント・ストリートをお散歩する。

昼間は買い物客で雑踏する沿道もこの時間は人も少なくゆったりとお散歩できる。

通り沿いの建物が美しくライトアップされている。

信号待ちで赤い2階建てバスが2台並んで停車した。

昼間とは違った、でもロンドンらしい絵にシャッターをきった。


頑張らない?


「今でしょ!」の予備校講師林修先生のテレビの対談番組を予約録画し
てあったので見ました。その中で心に残った言葉。
(すでに録画を消去してしまっているので正確に再現できません。)

現代文の予備校講師になったときに、東大の過去30年分の入試の問題を
徹底的に分析したことに対して、林先生は、

「それは予備校講師として当り前のこと。」

「僕は仕事で頑張っています、と言っている人は好きになれない。」

とおっしゃってました。

仕事に必要だと思うことは全力でやって当り前。
それを努力だとか、頑張るだとか言わない、ということなのでしょう。

仕事の一部を今、英語を使ってやっていますが、仕事で英語を使うのだから、
英語で仕事ができるのは当たり前、そのために英語ができるように学習するのも
当り前。それは努力とは言えない、と言うことを言いたいわけですね。

厳しいけれどもなかなか考えさせられるお言葉でありました。


この記事はこのブログっぽくない気もします。




he's [リスニング]

公式問題集Vol.5 TEST2 Part4の教材を使ってトランスクリプトのチェックをしています。
よく考えたら精聴の作業もしていることになりますね。

今日は標題のhe'sについていろいろと考えました(Q77-79)。

少し前の記事にも書いたのですが、Part3&4には省略形が結構でてきます。慣れないと
なかなか省略形だと気付きません。

he'sを聞くと、一瞬、hisかとも思うのですが、ちょっと違うなと思いながらきっとhe'sだろうと
思って次の単語を待ち受けます。でも、この時点ではhe is なのか he hasなのかはまだ
わかりません。

次の単語はcontinuedで動詞の過去分詞でした。
過去分詞だから受動態なのか?continueには確か他動詞(~を続ける)という意味もあった
から受動態の可能性もあるけれど、そうすると彼は続けられる、という意味になって少し変だ。
continueが自動詞だとしたら、he has continuedとなり、その後のhis film careerと続いて
意味が通るな、と。

でも会話を聞きながらこんな風に考えていたら当然、追いつきません。最初にこの問題を解いた
時にはこの部分はおそらくよく理解できないで聞いていたと思います。でも全体の文章から正解
は選べるわけですが、上級者はこの辺もしっかり聞き取っているはずですよね。

精聴していろいろと確認するのも大事なあと思って復習しています。

ついでに。

同じトランスクリプトにhe'llというのも登場します。これも一瞬、heel(かかと)に聞こえませんか?


静聴、楽しいです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。